店舗用サッシ・店舗ドア・アルミフロント工事とリフォームの施工会社

店舗用サッシ専門店

トップページ > 店舗用フロントサッシ製品案内 > 折れ戸(フォールディングスクリーン)

折れ戸(フォールディングスクリーン)の特徴

折りたたむことで大きな開口が得られるサッシです。ビルインやショッピングモールでの間仕切りに、オープンカフェや車の出し入れが必要なショースペースなどに適した商品です。
折れ戸 フォールディングスクリーン

折れ戸を利用した施工実績

丁番ドア施工実績
開きドアなどのサッシと組み合わせることもできます。(方立の柱が建つため、開口は別となる)

折れ戸設置にあたっての注意事項
  • 製品の特性上、上枠及び上枠を取り付ける躯体に対し大きな荷重がかかります。特に開閉時においてはパネル重量が部分的に集中してかかりますので躯体強度(補強等)の検討を十分に行う必要があります。
  • 屋外に面して取り付ける場合はひさしの無い場所など、直接雨の当たる場所への設置は避けなければなりません。
  • サッシの幅や高さによってパネル寸法が決定しますが、耐風圧強度や重量制限など、現場の状況により製作可否の細かな検討を致します。現場の仕様決定までにお時間をいただく場合がございます。

折れ戸(フォールディングスクリーン)を利用したレイアウトの例

(LIXILウェブカタログより抜粋)

折れ戸レイアウト

店舗用フロント工事 施工実績

当社が行った店舗用フロント工事をご紹介します。

丁番ドア及び片引き折れ戸 No.64

丁番ドア及び片引き折れ戸 施工前
施工前
丁番ドア及び片引き折れ戸 施工後
施工後

丁番ドア及び片引き折れ戸 施工後
施工後

丁番開きドアと折れ戸を連窓させたフロントサッシの工事を行いました。折れ戸の場合、重量を全て上枠で持たせる必要があるため、下地に強度を持たせるように工夫して取付しました。写真の折れ戸は外折れ式です。

自由引きフォールディングドア No.73

折戸 工事前 全開口
施工前

折れ戸 フォールディングドア
施工、調整中
店舗 折れ戸 全開口
施工後

店舗用サッシ 折れ戸 自由引き
施工後

店舗サッシ 折れ戸 ガレージ
施工後
住居1階のガレージへ折れ戸を取付しました。施工前は土間用シャッターのみのスケルトンの状態で、コンクリートの下地へビス施工。左右とも開放できるようにしたいとのお客様のご要望により「自由引き」タイプにてご提案させていただきました。施工後の写真はお客様から頂きました写真を使わせていただきました。お忙しい中現場施工時に立ち会っていただき、貴重な施工写真までくださいましてありがとうございました。

店舗用サッシの施工

お問合せ

電話:048-878-0723
FAX:048-878-0728
営業:9:00〜18:00(日曜祭日を除く)
埼玉県さいたま市緑区間宮168番地1
店舗用サッシ施工会社 地図